今年の慎重かつ楽観的な展望

新年の幕開けとともに、カンボジアは具体的な改革をせまられています。特に一般特恵関税制度の1つである「武器以外の全て(EBA)」(注)の取り消しに起因する外部リスクはますます大きくなりつつあります。

(注)武器以外の全ての品目について輸入関税を無税とし、輸入割り当ても行わないとするEUの特恵関税制度。

カンボジアにとって今年最も重要な国際イベントは、50カ国以上が参加する第13回アジア欧州会議(ASEM)の開催であり、この重要なプラットフォームを通じて、効果的な国際秩序のルールとシステムをさらに強化します。

第二に、フン・セン首相は、政府を刷新のための内閣改造を熟考しています。
昨今人気が高まってきている野党によって監視されながらも、30年もの間、権力を保持している自称「権力者」ですが、議会が8つの省でトップの大臣の新しい体制を承認するために4月4日に投票を行うと宣言しました。首相は、彼の息子を本政党で昇進させ、政府と軍のトップの幹部で、政治と王朝の専門家だと宣言しました。

 source: https://www.khmertimeskh.com/50675450/cautious-optimism-for-the-coming-year

MERIDIAN INTERNATIONAL HOLDING
Casa by Meridian, Ovest Tower, Unit B04-01
No. 1, Harvard Street, Diamond Island, Tonle Bassac,
Chamkamorn, Phnom Penh, Cambodia
__________________________________

Want to change how you receive these emails?
You can
update your preferences or unsubscribe from this list.